第69回落語ドッキリチャンネル

いつもご愛顧ありがとうございます!二松亭風林火山です。

10月6日(日)に第69回落語ドッキリチャンネルを催させていただきました。お運びくださいました皆様、誠にありがとうございましたm(__)m

本日は木製さんが仕事でお休みという尋常ならざる事態(いえ仕事で休むは至極真っ当)に、よるべなき赤子である風林火山とメンバー

安芸は日本軍真っ青の起死回生策を打ち出した!のでした。

ゲストにかの朝風亭容旦さんを招聘し、千葉ドキでは避忌されていた「漫才」をヨータン・カザフスタンのコンビ名の名の元に初お披露目する、という決死の策なのです。

このヨータン・カザフスタンの

漫才コンビは2013から2015くらい

に掛けてジワジワと結成、ネタのお披露目を始めて年に一作ずつ新作を披露させていただいておりましたが、千葉ドキでは初見参にてはたしてお許しが出るものか危惧しておりました。ネタは容旦さんが書いてくださり、内容には

自信があるのですが、風林火山のくさくてアクの強いところがどう影響するのか。。

結果はしかし真実はわかりませんが(笑)お客様にも好意的に迎えていただき、笑っていただくことが出来ました。ありがとうございました!

容旦さんは一部二部と古典落語をネタを変えて2席、こちも大いに客席を沸かせてくださいました。

また、時代の舵取り、新クイーンのかたばみ亭安芸さんも、惚れ惚れする古典落語で酔わせてくださいました。

番組

第一部

ヨータン・カザフスタン 漫才

かたばみ亭安芸 干物箱

二松亭風林火山 包丁

朝風亭容旦 禁酒番屋

第二部

ヨータン・カザフスタン 漫才

かたばみ亭安芸 干物箱

二松亭風林火山 包丁

朝風亭容旦 権助提灯

お運び誠にありがとうございました!m(__)m

広告

かたばみ亭安芸さん第12代クイーンに!

日頃のご愛顧感謝申し上げます!

2019年9月20から22日かけて行なわれました小浜市主催の全国女性落語大会「ちりとてちん杯2019」において我が千葉ドキメンバー、かたばみ亭安芸さんが見事優勝、女性落語の頂点に輝くクイーンの座のグランプリ(ちりとてちん大賞、市町賞)射止めました!

おめでとうございます!!

(名義は鹿鳴家安芸)

ネタは強情灸!審査員にも文句なしの満点をいただけたというおそるべしキレキレの江戸落語です!めくるめく15分!

(予選は「写真の仇討ち」8分)

ご本人のNHKインタビューによりますと、「顔の筋肉が発達しているので」それをうまく使ったようなことをおっしゃっていますが、インタビューに笑いをとっていくのも彼女の道!

これもまたひとえに千葉ドキに足を運ばれ限りない愛と友情とご声援をくださるお客様のおかげです!

https://www.asahi.com/articles/ASM9Q3623M9QPGJB001.html

今月6日の千葉ドキでは安芸さんの「お楽しみ」どんな高座が飛び出しますか、乞うご期待!

どうかお運びくださいませ!

よろしくお願いいたします!

(文責 二松亭風林火山)

第11回池田社会人落語大会日本一決定戦の思ひ出

日頃のご愛顧感謝申し上げます。

二松亭風林火山です。

9月28日、29日の2日間、大阪は池田市で行われる、池田社会人落語大会日本一決定戦に出場させていただきました。

拙作「なぞなぞ怖い」で決勝戦に進出でき、過分ながら第3位を頂戴いたしました。

これも日頃から千葉ドキをお見捨てなくお運びくださるお客様のお励まし、お力添えの賜物です。ありがとうございました!

「なぞなぞ怖い」は、来月11月の千葉ドキにて(偶然)ご披露させていただきます。

11月は、わたくし二松亭風林火山の落研の現役大学生たちとご一緒させていただけるので楽しみです!

お時間ございましたらぜひお運びくださいませ。

よろしくお願いいたします!

風林火山

木製還暦記念独演会・六日連続公演のご案内

私は今年、11月に還暦を迎えます。
そして、落語を始めてから11月で丸十年になります。

その両方の記念を兼ねて、独演会を企画いたしました。
毎日二席ずつ、六日間連続公演。

みなさまお察しかと思いますが、私にとりまして、これはかなり無謀であります。

実際、やれるのかな?と自分は不安で仕方なく、
やろうか?やるまいか?としばらくの間、悩んでいましたが
悩んでばかりいても仕方ないので、
ここは勢いに載せて、まずは
「会場を押さえちゃえ!!!」
「え〜〜い、チラシを作っちゃえ!!!」
「ゲストもお願いしちゃえ!!!」
ってことで、作りまして、数日前から配布を始めました。
(これでもう引き返せません(@_@;))

ま、こんな馬鹿な企画をやれるのも、還暦記念という大冠があればこそ!
普段、なにもなしに、こんなことしたら「馬鹿じゃないの?」と言われるのがオチですよ、ほんと。

10年間コツコツと勉強してきた落語が、実際にはどれぐらいの力が付いているのか?それを自分自身で見てみたい、確認してみたい、というのが一番の思いです。

力不足のところは、日替わりでお願いしてる演者のみなさんに補って頂いて、そして、開口一番は活ハウスの常連客のおひとり”清水さん”に連日出演を。と、それぞれにご協力をお願いしました。(清水さんも今年還暦で、その記念にと最近落語を始められた方です。)

■場所:活ハウス
■日時:11月19日(火)〜24日(日)
*平日は18:30開演
*土日は14:00開演
■木戸銭 ¥500
■詳しくは添付のチラシをご覧下さい。

無謀な企画で多分自身がヘトヘトなのだろうと想像しています。
その姿、”恐い物見たさ”の心持ちでお運び頂けたら、またはマラソンランナーに沿道から声援を送るような気分で、ご都合宜しい日にちに、お運び下さればうれしく思います。

どうぞよろしくお願いします。

 

独演.jpg