茗荷宿・・・楽しんでやり続けています(木製)

昨日の千葉ドキは満席でした。ご来場のみなさまありがとうございました。
始めて拝見するお顔も多くて、お客さんがどんどんと変わって来ているんですなぁ〜

「茗荷宿」をこの夏のためにと覚えて、ここのところ多方面でかけさせて頂いております。
昨日の千葉ドキでもその「茗荷宿」で良く笑って頂けましたので良かったなぁ〜と
胸を撫で下ろしています(*^^)v

茗荷は7月と9月に二度、土から芽を出して来ますので、
ひと夏過ぎてからお彼岸までと、旬の噺として長い間かけられて重宝ですが
逆に「またやっている」と思われてしまうかも・・・・ここが心配です(@_@;)

近ごろ、段々と熟れて来て、高座で話しても少し余裕をもって出来るようになって来ましたが、
ま、実際のところまだまだ奥深いものがあって、これで良いということではありません。
どこかでまた茗荷宿をお聞き頂くこともあると思いますが
やる度に変わって参りますので、その違いをお楽しみ頂けたら嬉しいです。

今後ともよろしくお願いします。(木製)

DSCF4334

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中