傳右衛門さんのこと(さん歩)

DSCF3240

7月9日(土)活ハウスで一め家傳右衛門さんの会があります。「傳右衛門の江戸落語と豆腐を楽しむ会」開場17:30、開演18:00

当日の落語は、「永沼傳右衛門豆腐屋になる」。傳右衛門さんは、浅草で始まり現在亀有に店がある傳右衛門豆腐店の5代目で、この噺は初代傳右衛門さんが江戸に出てきて浅草で豆腐屋を開業するに至った顛末を描いた力作で、全国で披露されているものです。浅草での落ち着き先が、金龍山下瓦町だったことから、亭号に使うこともあります。又、作るお豆腐、湯葉が絶品で、当日は製品を持ち込んでの会とのことでこれも楽しみです。この辺り詳しくは傳右衛門さんのお店のHPをご覧ください。http://denemon.kinugoshi.net/rekishi.html

傳右衛門さんは、わたしが落語を習い始めた落語教室の先輩で、初めて会った時に、本当に世の中に「ひ」と「し」が逆になる江戸弁を喋る人が居るんだと感銘を受けました。その後、住区センター等の会に傳右衛門さんの声掛けで出してもらえるようになり、わたしの落語の恩人です。

そのご縁で、当日はわたくしも豆腐屋さんにちなんだ落語「千早ふる」で、前座を務めさせて頂きます。皆さまお越しください。

さん歩

広告

傳右衛門さんのこと(さん歩)」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中