鹿之家さん歩さんのこと(活)

さん歩さんの落語をはじめてお聞きしたのは 第1回落語国際大会in千葉の本戦会場 鹿政談 でした。まるで師匠然とした落ち着き、出で立ち、所作、語り口調 「この人が優勝ね」という会場のささやき通り、見事!さん歩さん初代チャンピオン!!その後少しづつ2人の距離は縮まり(結婚か!?)第1回前座噺の会 打ち上げの会場、観覧者として訪れた私と木製さんでにわかに話しは盛り上がり、ここに風林火山さんに加わっていただいて4人で千葉市落語倶楽部の結成となりました。当時持ちネタ10席 しかない私にさん歩さんは「10あれば毎月できますね」と優しく微笑みかけられました(この人、算数できないのかな〜と思いました・・笑)それから毎月千葉ドキでご一緒して2年がたとうとしています。

いつも穏やかで物静かで大きな声など出さない(落語は別ですよ)和装も洋装もオシャレな英国紳士のような方です(うわ〜すごく褒めちぎってしまった・・まるで結婚式の新郎新婦の紹介のようだ!!)番組を考え始めるとそこに夢中になりすぎて周りに気がつかえなくなるところもたまにありますが、そんなところもまたチャーミングです。私と同じ1月21日生まれ、私の兄と同じ名前(さん歩じゃないよ)ご縁浅からぬものを感じてます

さん歩さんのネタで私が1番好きなのは うどん屋。 さん歩さんのお人柄がそのまま乗っかって、ほんわかあったかい噺に仕上がっています。お聞きする度に、また聞きたい、また聞きたいと思わせる麻薬のような噺です。活ハウス始めたら千葉ドキメンバーお一人お一人に独演会をやってもらいたい、そしてさん歩さんには必ず うどん屋 をお願いするんだ〜そう決めていました。

1月5日、私の願いがかない うどん屋 やっていただけます。折角ですので娘を動員しまして私も客席にびったりと張り付かせて頂きます。小女将で若返る活ハウスも楽しみながらぜひ活ハウスお出ましいただけますようご案内いたします(結局宣伝かい!!)女将小女将でおまちいたしております〜

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中